2009年11月10日

気がつけばバレエ3〜もう一度バレエをやってみる

タウンページで発見

20歳で挫折したバレエをもう一度やってみようと思ったのは26歳の秋だった。

すでに東京から帰郷していたので教室の選択肢は少なかったが、タウンページで「大人の初心者歓迎」を唯一アピールしていた教室に入会した。


その教室は女性の先生が主宰している個人教室で、助手として男性の先生が一人おられた。
なのでカルチャー教室とは一味違うかわいい「バレエの世界」にもいろいろと触れることができた。


↓「主宰先生のレッスン終了時刻に合わせていそいそと熱い紅茶を用意する助手先生」の図
kigatsukeba0301.jpg


大人クラスは助手先生の担当だった。
先生も20歳からバレエを始めたという「大人初心者」である。そのせいかレッスンの内容は基礎の基礎という感じで、私もまったり〜ゆったり〜と続けられた。

そして3年を過ぎた頃から山ほどあった出来ないことがとひとつひとつ「バレエっぽく」なっていくことに喜びを感じ、バレエにハマっていったのであった。黒ハート


しかし同時に、そのクラスでは物足りないという思いも大きくなっていった。
なぜならバーレッスンにはみっちり時間をとっていたもののセンターレッスンは15分ほどできりあげてもうやだ〜(悲しい顔)後は柔軟体操や軽い筋トレ・・という内容だったからである。
それでも10年近くその教室でお世話になった。



故郷を離れて急にダメ出しをくらう

その後、いろいろあって30代後半で故郷を離れることになり、新しい土地で入会した教室(複数)で私を待っていたものは・・・

それ違う、あれ違う、というダメダメの嵐だった。


↓入会してすぐに受けたダメ出しの図
「アナタってバーレッスンはすごく良いけれどセンターレッスンになると3割がた落ちるのよ」

kigatsukeba0302.JPG


それ以降、複数の先生から様々なダメ出しや注意を受けることになったが、それはとても嬉しいことである

以前の教室で常に感じていた「大人初心者はここまで」「それ以上やっても無理ジャネ?」という線引きが急に無くなったような気がするからだ。


話は変わるが、若い頃の友人にダイビングに凝っている女性がいて、始めたきっかけを聞いたところ「大失恋で寂しくって、どうしようもなくって、それが始めまるエネルギーになりましたぁ」と明るく語ってくれた。


振り返ってみると・・・私は25歳の秋に母親を亡くしたので、母の死がバレエ再開のきっかけになったのは間違いない。

いや、でもやっぱりっ!母が生きていたとしてもいずれはバレエを再開していただろう。趣味とはいえもはや私にとってバレエの無い人生は、想像できないのである。



スポンサーリンク


posted by ぐっち at 00:22 | Comment(12) | バレエ連載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
3割引のシール貼られてる〜(笑)
やはり、故郷ではセンターレッスンが
少なかったのがあるのでしょうかね。
確かに、大人はここまでと線引きされてるのって
なんとなく感じますよね。
逆にそれがないのも教えてもらうと感じる。
最初はゆったりとバレエに馴染めて
その後バリバリとバレエを習えて
いい教室にめぐり合えるのも
長く続けるポイントなのかもしれませんね〜(^^)


Posted by ぴっぴ at 2009年11月10日 10:12
一生を通じてのもの…今の僕にはありません(T-T)
最近始めたバイクはもうすぐオフシーズンですし(雪には勝てません)

成長に伴い師匠のレベルも上げて行かないと、レベルは上がりませんね。でも様々な理由(や言い訳)でそうはいかない事も多いですけれど。

「3割引」のシールが浮き上がって見えるのですが…3D!?
Posted by 個風 at 2009年11月10日 12:39
ぐっちさんが10年もレッスンしてたなんて
知らなかったよぉ〜、(空がこんなに青いとは〜♪)
ところでバレエの魅力を一言で言うと?
なぜ女子はこんなにもバレエに夢中になるのか、オジサンには理解できません!

※昨日新都心のマックでT永K子に会いました
 来年こそはお店に飲みに来て〜 とのこと
Posted by S袋もつ太郎 at 2009年11月11日 16:02
★★★ぴっぴさん
故郷の教室では、ジャンプひとつにしても
「無理しないで」と言われていたので
こちらへ来てどの先生にも「もっと跳んで〜!」と注意され
「跳んでいいの?」と戸惑いました。(^^ゞ
しかし、そう言われてもぴょーん!といきなり
跳べる運動神経は持ち合わせていないわけでして。(/_;)


★★★個風さん
バイクは春や秋はすごく気持ちいいですよね。
春が待ち遠しいですね。

故郷では教室同士の横のつながりが強かったので
教室を変えることもできませんでした。(>_<)
でも、最後の2年くらいは主宰の先生が教えてくれました。

>3D?
いえいえ。影をつけてぼかしただけでーす。


★★★S袋もつ太郎さん
仕事が忙しくて3ヶ月に1回しか行けない年も
あったけど〜あの教室に10年ほどおりました。
バレエの魅力〜?う〜んと、ある程度までは努力でいけるけど
それだけでは克服できないクールな一面に惹かれます。
ま、それだけじゃないんですが。

お!K子さんは元気かな。来年こそは帰省しなくては。
Posted by ぐっち at 2009年11月11日 23:37
ここ!ここって、もしかして私の通ってる教室では?
でも、うちの男の先生、こんなイケメンじゃないからな〜・・・ちがうかも(笑)
興味のあること、好きなこといろいろあるけど、
何が一番好き?って聞かれたら、やっぱりバレエだろうなぁ〜。
バレエのないこれからの人生なんて、考えなれな〜い。。
Posted by ぱぴ子 at 2009年11月11日 23:51
★★★ぱぴ子さん
ぱぴ子さんもバレエ無しではイヤンイヤン
な人生なんですね。
将来、そんな女子?ばかりのシルバーバレエ教室が
流行るかもしれませんね。
(うちの近所の教室はすでにそう。60代と70代が中心。(~_~;))

私が故郷でお世話になっていた教室は、ぱぴ子さんの
先生達がもともとおられた教室です。
場所も近いですよ。(*'‐'*)
Posted by ぐっち at 2009年11月12日 16:29
ぐっちさん、こんにちは。
ぐっちさんにとってバレエは一生もんですね。
私は音楽かな?
趣味で電子ピアノを独学でやってますが、長い事やっていると上達するもんですね。
最初は全く弾けず、左手なんかちっとも動かなかったのに。
ぐっちさんじゃないですが、私も今やピアノがもっともっと上手になるのが人生の一つのテーマになっています。
やはり生ピアノには憧れますので、いつか本物のピアノを置ける家に住んで先生に個人レッスンしてもらうのが私の夢で〜す。
Posted by ぽろんちょ at 2009年11月12日 16:55
★★★ぽろんちょさん
独学でピアノですか?すごいですね。
独学は意志が強くないとできませんから尊敬です。
好きなだけで続けている私とは大違いですわん。
お互い一生続けていきましょうね〜。
Posted by ぐっち at 2009年11月12日 22:56
きゃ〜!!ぐっちさんって私と同じ出身校なんだ〜!!
私もそのバレエ教室だったんだよん♪
でも、通ってた時期が全然違うのよね〜。
私、小3から中2までそこにいました。
でも、このイケメン助手先生って、あのひと?!
う〜ん、コメントしづらい(笑)
Posted by ぱぴ子 at 2009年11月12日 23:34
★★★ぱぴ子さん
あ!そうなんですね!
あの先生はイケメンというより、中性的な人ですよね。
絵はイケメン風に描いてますが、文中には
イケメンとは書いておりませぬ。(^^ゞ念のため。

主宰のS先生は大人のクラスは眼中に無いようでしたが、
だいぶ後になってレベル別にクラスが分かれたときに
中級クラスをみてくれました。嬉しかったっす。
Posted by ぐっち at 2009年11月13日 17:59
こんばんは♪
ブログにコメントありがとう<(_ _)>
コメントをいただくと、私のことをまだ覚えていてくれるんだな〜と嬉しくなります。

ここんとこバレエ特集なんですね。楽しく読みました。それにしても、ぐっちさんのアラベスク綺麗!おみ足も綺麗!!うらやましいです。私も足出さなきゃ〜

それと質問なんですが、ぐっちさん、以前にいただいたヤフーアドレスはいきていますか?
Posted by Chiyu at 2009年11月16日 20:50
★★★Chiyu さん
忘れるわけないぢゃないですか〜。
先日もゆーちゅーぶで昔のアイドルを観ていて
浅丘めぐみが出たので、あ、ちゆさんだわ〜と思い出していたところです。

アラベスクは何年かに一度、撮っているのですが、変化してきています。
今回は足より手が変だワと思いつつ、載せちゃいました。

ヤフーアドレスは変わってないですよ〜。(=´∇`=)
Posted by ぐっち at 2009年11月16日 22:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。