2010年01月13日

夜間高速バス初体験(復路)

快適だった往路に比べ、
復路は少し哀しい旅だった。

あいにく、東京から九州方面や山口への
直行便には空席が無かったため、
一旦、東京から名古屋へ朝便バスで行き、
同日夜・名古屋発のバスで帰ることにした。

100113kosoku.JPG

名古屋への朝便高速バス(富士セービングバス社)は、
実に快適だったので割愛。

そして夜…
名古屋から乗車したのがロイヤル
ホリデー社の4列ゆったりタイプ。

一見して思ったのは。

ゆったりじゃない!(゚Д゚)クワッ

往路のO社ゆったりバスに比べて
明らかに狭かった。



さらに、乗車前に
飲物を買いそびれてしまったのだが…。

着席
あ!シート前にお茶缶が入っている!揺れるハート
そうだ!このバスはお茶付きだったんだ。
助かった〜。わーい(嬉しい顔)あとで飲もうっと。

数分後
ぐっちの目の前に首をかしげる女性現わる。

実は
席を1個ずれて座っていた。
座席番号が無く、前or後ろから何番目と数えて間違えた)

正しい席に着席
ヤレヤレ、お茶飲もうっと。(シート前をゴソゴソ)

… 

10011303.jpg


ぎゃおー!(吠) 私だけお茶が無いー!

おのれ〜!このシチュエーションでこの仕打ち!
覚えてらっしゃい!
(゚Д゚)クワッ (゚Д゚)クワッ (゚Д゚)クワッ

この会社は、予約サイトで「私だけお茶が無かった」
というクチコミがあったので、
「さぞや気分が悪かったろう」と同情したのだが、
まさか自分がそんな目に遭うとはっ!

…という、個人的怨恨の他には〜

●消灯後のカーテンの光もれが凄かった。
往路の他社バスは遮光カーテンだったことに初めて気づく。
深夜の休憩にも集合時間を
マイクでアナウンス。
(往路バスは視覚で確認するシステムだった)
●男性は膝が前の座席に付いている人が
多くて気の毒だった。
トイレ付きだったが、
「緊急時以外は使わないで」と案内が。
そうなんだ〜とビックリ。

など、往路に比べるとツッコミどころが多かったが…
無事に到着できて今こうしてブログで
報告できているのだから、それが何よりなのだ!安全第一!

それに、復路も往路同様、マナーの悪い人はおらず、
車内は静かだった。
やっぱり…世の中にはマナーの良い、
ちゃんとした人の方が多数派なのではなかろうか。

ときどき、そうでない人ばかりに
立て続けに遭遇すると、世も末だ、と嘆いたりするけど、
やっぱりそうじゃないのかもしれない。
それがわかっただけでも
夜間高速バスに乗ってよかった。。。

ということにしておこう〜。もうやだ〜(悲しい顔)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
追記
当初はバス会社名をアルファベット表記にしていましたが、楽天トラベルに書き込んだ「お客様の声」が1ヶ月弱で「リセット」されていたため、こちらでは正式社名を表記しました。

楽天トラベルに問い合わせたところ、
『同じ便名でも「商品設定期間」が異なり、その期間を終え便コースが終了した場合は、その便ページ自体がクローズ(掲載終了)される次第でございます。』
とのことでした。

同じ区間を同じ車両で同じ便名で走っているのだから「期間ごと」に評価をリセットするのもどうなんでしょうね。
他の区間も覗いてみたところ、一部の高評価会社(東京-名古屋間で利用した富士セービングバス社 等)を除いて、「リセット」している会社が多いようでした。



スポンサーリンク


posted by ぐっち at 22:48 | Comment(7) | さだまさし旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お、お疲れさまでした。

何故たびたび「私だけお茶がない!」などという単純なミスが発生するんでしょうねぇ。カーテンといい、すべてが残念な感じですけど、まぁご無事で何より、ということでここはひとつ。
Posted by katsura at 2010年01月14日 15:22
お茶がそこだけ配られないようにする方が難しいと思いますけど。

でも、マナーの悪い人が一人もいなかったってすばらしい。
1人でもいたらダメですもんね。
そっか、夜間は私語な慎まないといけないのね。
勉強になりました。
なんか興奮してしゃべり倒しそうなもので(^^;

Posted by ぴっぴ at 2010年01月14日 16:22
「どうでしょう」を初めてご覧になったのですね.

DVDになったり,最近では北海道以外でも深夜に放送しているので,てっきり見たことがあるものだと思っていました.

個人的には,「原付シリーズ」が一番好きなのですが,ベトナム縦断以外はDVDにならない可能性が高いのです.

特に,原付シリーズの西日本編は,悪気がなかったものの,鳥取砂丘の砂を持ち帰ってきた様子が映っているため,お蔵入りになっていますが,私が知る限り,お教えしたサイトでのみ見ることが出来るのですよ^^

今度は是非,ラフォーレ号とオーロラ号に乗って,こちらに遊びに来てください^^
Posted by れお at 2010年01月14日 20:44
高速バスの旅、お疲れさまでした。
東京から京都までの6時間、2階建ての3列レディース号でさえ、
腰が痛くて辛かったもので、
長い時間「黙って」「座って」いられる方に感心してしまいます。

年末、ぐっちさんどこにいるんだろう、と思いながら
番組を見始めたら、ものすごい人なので
こりゃわかるわけない、と思ってチャンネルを変えてしまいました。
最全列にいたとは・・・
Posted by ゲオ at 2010年01月14日 21:37
なかなかの旅でしたね…(涙)。
お茶付きのバスがあるなんて凄い!
飛行機の機内サービスみたい☆
思い出しましたが…、
下関〜福岡のバスは乗ったことある。
あれも高速バスですね。
Posted by tra at 2010年01月14日 21:38
☆☆☆katsuraさん
こうした単純ミスが重なって、いつか重大な事故へと
つながらないことを願っております。
カーテン…往路は遮光で車内真っ暗なのに
アニメティにアイマスクが付いてました。
復路はお茶よりアイマスクの方が付いてたらよかったのに。
上手くいかないもんですね。(>_<)


☆☆☆ぴっぴさん
乗務員は「お茶付いてます、どーぞ」と自信満々で
車内アナウンスしてました。(@_@)
彼らの辞書には「配り忘れ」などないようで。

私語は、休憩時間になると聞こえてましたがバスが動き
始めるとピタッと止まっていました。
すぐ後ろの乗客も「つづきは次の休憩で♪」なんて言ってました。


☆☆☆れおさん
今や全国ネットなんですね。知りませんでした。
愛知の「ノブナガ」みたいに山口でも深夜に放送しているみたい。
高速バスに原付…どれも私に身近な乗り物ばかりで。(^^ゞ

北海道にはぜひ一度は行ってみたいです!


Posted by ぐっち at 2010年01月14日 21:41
☆☆☆ゲオさん
腰の痛みは半端ないですよね!私もブランケットを
丸めて腰と背もたれの間に入れたらようやく眠れました。

番組は最初の方を観てくださったんですね。まっさんが
オープニングで歌い終わった直後にもばっちり映りました。
なんか目印になるものを身に着けておけばヨカッタ。


☆☆☆traさん
お茶といっても、缶なので客のニーズにはずれていると
断言します!せめてペットボトルだったら喜ばれるかも。
福岡-下関間はまさしく「ふくふく号」ですね。
ふくふく号では、私ひとりだけ補助席だった
ことがあるのでそれも哀しかったです。
Posted by ぐっち at 2010年01月14日 21:52