2010年11月11日

仮病願い

先日、勤務中のこと。
派遣会社の営業担当が突然訪ねてきたので
何ごとかと驚いた。

「ぐっちさん、実は…」と
ぐっちと同年齢であろう(たぶん)彼がこう言った。

101111.jpg

辞めるのか〜。

暫定的な後任を伴っているところをみると
よほど急だったのね。

以前だったらこんなとき心の中で
ホントに〜?
仮病を疑っていたが
最近は、自身の健康に妙な不安を感じるお年頃のせいか
こう思うようになった。

嘘だったらいいな。

担当が帰ったあと、
「へっ!嘘だよ〜ん!」と彼が華麗に転職する姿を
静かに想像する、ぐっちなのであった。


スポンサーリンク


posted by ぐっち at 22:47 | Comment(9) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
え、ぐっちさん、どこか心配なところでも?お互いひとり暮らしですし、健康が一番ですよねぇ。何かあったら早めにケアしてくださいませ。

…そういえば、私も「健康上の理由(=目)」で辞めたんだったわ。嘘じゃないけど、ま、表向きの無難な理由でした。面接で説明すると理解・心配・同情してもらえたので、私のワガママというわけではなかった模様です。

営業さん、大事に至りませんように。
Posted by katsura at 2010年11月11日 23:16
☆☆☆katsuraさん
いつもお早いコメントありがとうございます!
心配なところはありましたけど〜
今は驚異の自然治癒力に我ながら驚いています。

katsuraさんの「目」はその後いかがでしょうか。
お大事にしてください。
病院嫌いな私も、目がどうにかなったら怖いので、
すぐに眼科へ行きます。
Posted by ぐっち at 2010年11月12日 00:54
営業担当が変わる事、多いですよね。
でも、挨拶に来ただけでも良心的だわ。
オーバーワークで体調を崩される方もいらっしゃるでしょうねぇ。
それにしても、営業さんのことを、そこまで心配なさるぐっちさん、優しすぎます!
Posted by tra at 2010年11月12日 06:35
こんにちは。
ぐっちさんの「嘘だったらいいな」の言葉に、じわ〜〜と来てしまいました。ちょっとだけ泣きそうです(笑)。
ほんとその通りです。私も昔だったら、絶対そんなこと思わなかったけれど、年齢とともに、最近は「丸くなった」こともいえるようになりました。
担当さんの大嘘ならよし、嘘でなくてもそれもまたよし、って感じですね。ぐっちさんもご自愛くださいね。
Posted by ムー at 2010年11月12日 14:26
一番オーソドックスな退職理由ですよね
でも、派遣の営業は体・・・というか
精神を壊すことが多いんですよね・・・

しかし、ぐっちさんの
治癒力高いのうらやましいです
年々ターンオーバーしなくなってる
(;´Д`)ハァハァ
Posted by むぅ at 2010年11月12日 22:04
最近多いですよね。
うちの職場でも結構な人・・・・
て言うか入ったばっかりの子たちがやめていきます・・・

心って人に見えないからわからないけど
今まだ心が病みながら人に支えられて生きてます^^

心を大事にするってホントに大事。

ぐっちさんも心大事に
そして楽しいブログ待ってます^^
Posted by みぃ at 2010年11月12日 22:33
☆☆☆traさん
派遣会社の営業担当って大変そうですよね。(>_<)
>ぐっちさん、優しすぎます!
「嘘だったらいいよね〜」みたいな軽いノリ
ですけど。。。
ところでtraさん、来週はいよいよですね。
頑張ってください!!!


☆☆☆ムーさん
コメントありがとうございます!
ムーさんも丸くなってきたお年頃ですね。
30代までは、まだ若者感覚だったような
気がしますが
40代にもなると、あちらの世界のほうが
急に身近になってきたり。
でもお互いまだまだこれからですよね。(´;ω;`)


☆☆☆むぅさん
最近、うちに入社した(orしようとした)派遣さんの
中には、???な人が何人かいたので
そういう人を次から次へと相手する
営業さんって大変だろうなあ〜と同情します。
顔面皮膚のターンオーバーは私も停滞気味です。


☆☆☆みぃさん
人から理解されにくい病気は本当に
おつらいでしょうね。心中お察しします。

心の病気とは違いますが
最近、アスペルガーとかそういう類ではなかろうか〜
と疑うほど不可解な新入りさんが二人ほど
続いたんです。(会話は一応成立する)
皆は「なんて変な子なんだ!仕事にならないし!」
と怒って結局、二人とも短期間で退職しました。
もし本当にそれが「障害」で、もし自分や家族も
それに気づいてないとしたら、これからの人生で
どこへ行っても「変な人」という一言で
片付けられてしまうのかと
他人ごとながら歯痒くなりました。
ちょっと話がそれてスミマセン。
Posted by ぐっち at 2010年11月13日 15:10
年を重ねる毎に、他人の病気を我が身に置き換えて考えるようになって来てます…。
若い頃は、少しの後ろめたさを感じつつも仮病使ったりしてましたが、今はだめですね〜なんか不吉な感じがして。
年の功(?)かな。このほうがまっとうなんですよね。
派遣の担当さん、回復なさるといいですね。
私の担当さんは、3人ほど変わりましたが、いずれも、20代半ばの人ばかりでした。
若いのにしっかりしてるな〜と思って頼りにしてましたが、今思うと、あの若さで、かなり無理して背伸びしていたのではないかなと思います。
Posted by ぽんしょん at 2010年11月15日 10:45
☆☆☆ぽんしょんさん
そうですね〜。この年で仮病をつかうと
本当になってしまいそうで「不吉」ですね。
他人の病気を我が身に置き換えることは
年とともに親しい人の死を体験する回数が
増えることも関係してくるかもしれませんね。

以前の派遣の担当さんが新卒の若者でした。
最初は素朴な感じだったのに
一ヵ月更新で派遣先に現れるたびに
髪の毛を立たせてみたり、香水を匂わせたり〜と
だんだんバージョンアップ?していくさまが
おもしろかったです。
派遣先の社員さんも一緒におもしろがっていました。
ちなみにあんまり頼りにはしてませんでした。(^^ゞ
Posted by ぐっち at 2010年11月15日 22:56