2007年04月19日

別れの朝

彼は耽美系
遠距離恋愛ヤ〜メタ
もうどうにも止まらない
の続きです。
※3年前の回想録です。


30余年住んだ沖縄を
離れる日がやって来た。
空港に着くと、思いがけず
姉が見送りに着ていた。
時間が無かったのでちょっと言葉を
交わしたあと、搭乗口前で別れた。

別れ際、姉は「じゃあね」と
笑顔でぐっちの手を強く握った。
姉の突然のアクションに
「あ、あ、握手? いま握手してる?」と
内心動揺したが、顔には出さず
その場をあとにした。(姉と握手したのは
初めてだったような気がする)

07041803.jpg


姉という人は・・・昔から両親と
折り合いが悪く、兄弟に対しても
トゲトゲしい態度しか取れない人だった。

母と大喧嘩して家を飛び出したあとは
すっかり疎遠になり、姉がどこに
住んでいるのか家族は誰も
知らないという時期もあった。

それが母の死後から少しずつ変わり、
家族に歩み寄るようになっていた。
そして結婚を機にさらに丸くなったことは、
妹としてうっすら感じていたのだが・・・
ハッキリとした変化を目の当たりにし、
何とも言えない気持ちになった。

長く生きているとこういうこともあるもんだ・・・
これが人生の醍醐味か・・・
などと考えながら搭乗口に向かった。


07041804.jpg

ふと振り返ると、
姉が遠くで手を振っていた。


スポンサーリンク


posted by ぐっち at 20:32 | Comment(11) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いい思い出ですね。
日本を発つとき、兄が成田に見送りに着てくれたのを思い出して涙が出てしまいました。
Posted by リリー at 2007年04月20日 02:30
★★リリーさん
コメントありがとうございます。
「涙が出た」というコメントを読んで、私も鼻の頭が熱くなってしまいました。(「目頭が熱くなった」とも言う)

海外だと見送りのありがたみも違いそう・・・。
Posted by ぐっち at 2007年04月20日 16:49
うちはそんな出来た姉じゃないので無理です!
人生の醍醐味はオヤジが沢山教えてくれてます!(笑)
話は変わるけど、カラーはいつものペースで来て下さいね☆
カメラを忘れずに!(笑)
Posted by あき at 2007年04月21日 01:40
むぅは姉さんと逆方向(捨てられた)に
人生歩んできたけど
いつか、どこかにたどり着ければいいと思ってる。
自分から出てゆけるのは、幸せなことだと思う

あ・・・落ちがない
Posted by むぅ at 2007年04月21日 01:56
こんにちは♪
頭の中でシーンを組み立てるとじんわり…(泣)
手をぎゅ〜っ☆は他人行儀な事で躊躇してしまったんでしょうね。
丸くなったお姉様の会えるうちに会っておこう?っていうか?精一杯の愛情表現だったのでしょう?
本当は抱きしめてあげたかったのかも?
「一期一会」意味は分かっちゃいるけど、あの時こう言ってれば?とかやってれば?とか後悔が多い自分ですけど…。

「一期…」?

苺がたべたい…(寒)
Posted by いも葉 at 2007年04月21日 13:39
今まで相容れないと感じていた相手(血縁に限らず)と、心が通い合った瞬間・・・きっと忘れられない記憶となることでしょう。←やけに神妙なワタクシ。
ぐっちさんのお姉さまは、その素敵なタイミングを待っておられたに違いありません。
Posted by bee at 2007年04月21日 20:21
★★あきさん
あれ?お姉さまいましたっけ?(^^ゞ
体格のいいお兄様は印象に残ってるんですが。
カラーはもちろん3週間〜1か月のペースで行かせていただきます。
そうじゃないとバレエで髪が上げられないのよん。


★★むぅさん
むぅさんもお姉さまと不仲なんですか???
陰ながら時間が解決してくれることを祈ってます。


★★いも葉さん
姉は幼稚園の先生をしていたので
握手は結構慣れたかんじでしたが
私の方が面食らってしまいました。

イチゴ・・・何年も食べてないような
気がします。フルーツは贅沢品ぢゃ!


★★bee さん
わりと自然な感じで握手したのが印象的でした。その前日には生まれて初めて、姉からお小遣い(餞別)も貰って感激しました。

Posted by ぐっち at 2007年04月21日 23:29
とってもいいお話ですね〜(^^)
振り返ったら手を振ってたってところ
ちょっとウルウル来ちゃいました。
かくゆう私も姉という立場…。
子どもの頃には下に当り散らしておりました。
えぇそりゃあもう(−−;)反省。
今ではすっかり丸くなりましたよ♪
(う〜ん自分で言うと説得力がないのはナゼ?)
お姉さんもぐっちさんと仲良くしたかったに違いないです。
その方法が分からなかっただけで(^^)
やっとその機会にめぐり会えたというところでしょうか…。
これからお姉さんといい関係を築いていけたらいいですね(*^^*)

Posted by ぴっぴ at 2007年04月24日 13:35
人間...
年齢を重ねる事に、円くなるんでしょうね♪

なんと言っても
やっぱり家族ですから〜(笑)

私も、言葉言わなくとも
分かりあえてしまうことがある
母にも 一人息子にも、家族の深さを感じます(ジ〜ン)

...って、ぐっちsan!?
あれから、強行されたんですねぇ?(驚)

風邪でダウンしてる間に
展開が進んでるので、ビックリしました(笑)

新しい生活の始まりですね☆


Posted by RUN太♪ at 2007年04月25日 08:50
日本人同士だとハグとか頬にキスしてお別れなんて習慣がないので、握手が唯一の精一杯のスキンシップ!?となりますよね!!

オーストラリア人の夫からすると私が家族と空港でいつもバイバイする時にハグもキスもないので「ハグしなくていいの?」なんて聞かれたことありますよ(苦笑)

けど今では、みんな寂しい思いがあってもそれを隠して明るく見送ってくれる家族のけな気さが夫には泣けてくるらしくて、なぜかいつも彼が大泣きしてます(笑)

家族の愛は永遠ですよね、、、お姉さまもきっとご自身がご家族を築かれてようやく家族の存在について思い直したのでしょうかね。

末永く仲良しでいてくださいね〜


Posted by Tamako at 2007年04月26日 17:10
★★ぴっぴさん
ウルウルしていただいて光栄です。
ぴっぴさんも時の流れとともに
丸くなられたんですね。
年をとるっていいことですね・・・。
しみぢみ


★★RUN太♪さん
そうなんです。あれから強行致しましたヨ。
「今年は運気が悪いので転居や転職は大厳禁」という運勢判断を目にしたのはその年の暮れでした。


★★ Tamakoさん
>ご自身がご家族を築かれてようやく

そうなんです。それは大きいですね〜。
うちの姉を引き取って?くれた義兄に感謝です。

もらい泣きするご主人、キュートですね〜。



Posted by ぐっち at 2007年04月27日 17:23