2012年12月09日

沖縄帰省〜家族との再会

先日、七年ぶりに帰省したぐっち。
その目的は
父の85歳の生年祝い なのであった。

しかし兄によると
父は数日前から入院しているらしく
その日は一時帰宅して兄ファミリー宅で
身内だけのお祝いすることになっていた。

ぐっちは前夜遅くに沖縄入りしたので
翌日、父の病室を訪れた。
父は七年も顔を見せなかった
ぐっちの親不孝を
責めることもなく
よく来たねと喜んでくれた。💧

父の病状については
兄から何も聞かされていなかったので
いつものアレ かなあ…と思っていたら
やはりそのようだった。


12120901.JPG

今までも父は何度か入院したが
検査をしても
特に異常が見つからない。
おそらく精神的なものだろうと
いうことなのだが
本人は本当に不調を感じているかもしれないので
何とも言えない。

40代未婚でフラフラと漂っている
ぐっちの存在も
気がかりのひとつだろう。
それは一旦置いといて。⤵

その日は夕方、兄嫁が父を迎えに
行くことになっていたのだが…



12120902.JPG

まさかのドタキャン?💦

ぐっちから知らせを受けた兄嫁も
予定どおり迎えに行ったのだが
無理矢理連れ出すわけにもいかず

その夜は
ぐっちの歓迎会となった。

いろいろあって直前まで
開催自体が危ぶまれていたので
兄、姉ファミリーと
会えただけでも良しとしよう。

ちなみに父は迎えに来た兄嫁に
「また違う日にするねぇ〜?」と弱々しく
言ったらしいが兄嫁は
「もうやらない!(゚Д゚)クワッ 」と
返したそうである。

※沖縄には、12年に1度巡って来る生まれた
干支の年を生まれ年といって、祝う慣わしが ある。
この祝いを「生年祝い」、方言で「トゥシビー」という。
posted by ぐっち at 23:41 | Comment(9) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月17日

ぐっち家の秘密4(完結)

ぐっち家の秘密    の続きです。

初日夜のお迎えを済ませ、
翌日は三度のご飯とおやつを
仏壇に供えようと(&家族のご飯)
朝からスタンバっていたぐっち。

そしてやがて仏壇の異変に
気づくこととなった。


朝 
11081701.JPG
異常なし。



11081702.JPG
気のせいかしら。


3時のおやつ
11081703teisei.JPG
Σ(=o=;)!




11081704.jpg

おのれ…姉よ
うっかりさんにも ほどがあろう!




な〜んてお茶目なことも
あったりしたが❤アハッ←今なら笑える

11081705teisei.jpg

3日目の夜、
初の仏様を無事に送り出した
ぐっち家なのであった。(ムリヤリ大団円!)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−
そんな姉との孤独なうっかり問答から
ぐっちが解放されたのは
兄がしっかり者のお嫁さんを
連れてくる2000年以降である。

しかし…
話すと長くなるのでやめとくが
もし姉がいなかったら
独身のぐっちが他県で好き勝手に
暮らすことなど出来なかっただろう。
姉よ、いまは感謝しています。

4年前に頼んだ旅行の写真(姉が下関に来た)
そろそろ送っていただけたら嬉しいです…。



※ぐっち家が玄関前で燃やしているのは「打ち紙(ウチカビ)」。
仏様があの世でお金に困らないようにと焚いて持たせるものです。
正式には仏壇の前で燃やすのかも?



posted by ぐっち at 20:04 | Comment(10) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月16日

ぐっち家の秘密3

ぐっち家の秘密   の続きです。

初めてのお盆を迎えることとなったぐっち家。

ときは1994年。まだネット検索という
最強アイテムを持たなかったぐっち26歳。
情報収集はもちろんアナログ。

11081601.jpg
※ジューシー…沖縄風炊き込みご飯

11081603.jpg
その後、何年にも渡って使い倒したマル秘手帳。

おおまかな手配は兄31歳の役目なので、
お坊さんを呼んだか呼ばかなったかとか
香典返し等の記憶も記録もない。
(一周忌より前なので、身内だけで済ませた記憶がうっすら)

姉33歳はというと…
母の法要ごとに特に炊事に関して
戦力外であることを内外に
強く知らしめてしまったので
片付け関係に力を発揮してもらっていた。

だけど…
とても忙しいので
仏壇の花瓶に花をさすくらいは
やっていただきましょうか。

11081602.jpg

なんやかんやで
無事、お迎えを済ませ…

二日目、
仏壇にちょっとした違和感を
感じたぐっち。

あれっ?気のせいかちら?



補足…当時、兄と姉は独身でした。
posted by ぐっち at 12:48 | Comment(7) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月15日

ぐっち家の秘密2

ぐっち家の秘密のつづきです。

ぐっち家がお盆に怠惰でいられるその理由は…

両親ともに沖縄で生まれ育った
沖縄県出身者でありながら、
県内に先祖のお墓がなく
親戚もほとんどいないからである。


八重山諸島の石垣島。
沖縄本島より台湾に近いという
熱帯雨林気候の島である。

ぐっち家のルーツは石垣島にある。
(両親の代から那覇市に移住)

ときは明治。
人口の少なかった八重山の開墾が
県によって規定され、開拓民により
続々と開墾が進められていった。

11081501.jpg
参考文献『ドキュメント八重山開拓移民』金城朝夫 著


当時、そこに入植したのが、
我らがご先祖様・広島県出身の祖父である。

まもなく出会った祖母(徳島県出身)との間に父を授かる。❤
しかし、若さゆえの過ちだったのか
祖父母は一緒になることはなく
それぞれ別の人と結婚してしまった。💣

祖母と別れ、祖母の実家にあずけられた父は💧
祖母の旧姓である「ぐちぐち」姓を
生涯、名乗ることになった。

11081502.JPG
↑母とぐっちの恒例ガールズトーク

父方の親族はいつしか沖縄から離れていった。
祖父が広島へ戻り〜の、祖母が長崎へ嫁ぎ〜の、
祖母実家が大阪へ引越し〜のでますます難易度アップ!



一方で母方はというと、
母方の家族は戦争中、強運な母以外は
全員亡くなった
ので、近い親戚はいない。
(ちなみに母方の祖母は鹿児島県出身…ええい!ややこしいわ)


だから毎年、お盆は怠惰でいられたのである。

母が「」✨となるまでは。


11081503.jpg

いろんな意味であてにならない姉は
最初から戦力外である。

どうする?ぐっち!



🚩コンパクトにまとめてみた
父方→祖父(広島県)祖母(徳島県)
ぐっち家とは縁が薄い

母方→祖父(沖縄県)祖母(鹿児島県)
ふたりとも戦時中に死亡

posted by ぐっち at 08:27 | Comment(8) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月13日

家族には言えない

あ、暑いですね…。
本日は体調不良で昨日の続きを書く
気力がありませんので
ヒトコマでやや脱線。

昨夜、お盆で集合したぐっち家から
電話をもらった。
兄ヨメの携帯電話を皆で
きゃっきゃ きゃっきゃと回していた。

110813.jpg
新生ぐっち家親族。+甥っ子7歳
姉夫婦についてはこちら→聖職者の気づき



なぜか話せなかった父以外の面々には
仕事について軽〜く聞かれた。
「いまも同じ職場?」
「夏休みあるの?」
「あれっ?今日は休みだったの?」
(↑夕方のちょっと早い時間だった)

言えなかった…。
数ヶ月前から失業中だなんて!(゚Д゚)クワッ

いや、失業よりももっと他に言うべき
重大なことがあったのだが…

言いそびれてシマッタ。

今度にしようっと。

posted by ぐっち at 17:44 | Comment(18) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月12日

ぐっち家の秘密1

わが故郷・沖縄は本日8/12からお盆に入った。
沖縄のお盆は頑なに旧暦(7/12〜15)でとりおこなう。
なので、年毎に日程が変わるのだが、
今年は本土とほぼ同じ日程になったようである。

それは置いといて
お盆になると思い出すのは…
眉間のホクロが福々しい近所のおばさんである。

110812.jpg


お盆でこしらえたご馳走を
毎年毎年、おすそ分けしてくれたのである。
ありがたや。✨


お盆は親戚一同が集結する一大イベントなので
各家、ご先祖様をお迎えするために
大忙しなのであるが

ぐっち家は違った。


11081202.jpg

特にすることもなく
ただただ、人んちのご馳走を
楽しみに待っているだけだった。


それにはぐっち家の
特殊な事情があった。



2枚目のイラスト右の面々は手前から、
★いぢわる姉★昔は愛らしかった兄
★ぐっち★40代から既につるっぱげ父です。

posted by ぐっち at 13:30 | Comment(10) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする