2010年01月17日

ただの人数ですが

さだまさし旅行記写真日記など→      

「年の初めはさだまさし国技館」
本番当日だけ読む→ 2 3
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

101017.jpg

名古屋の行列のできている飲食店にて。
最後尾に並んでまもなく、店員が現れて
「お一人様のお客様は
すぐにご案内できますっ〜!」

と元気良く案内された。

お一人様」が
いま話題の「おひとりさま」に脳内変換され、
ちょっと気恥ずかしいぐっち。
posted by ぐっち at 11:08 | Comment(6) | さだまさし旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

夜間高速バス初体験(復路)

快適だった往路に比べ、
復路は少し哀しい旅だった。

あいにく、東京から九州方面や山口への
直行便には空席が無かったため、
一旦、東京から名古屋へ朝便バスで行き、
同日夜・名古屋発のバスで帰ることにした。

100113kosoku.JPG

名古屋への朝便高速バス(富士セービングバス社)は、
実に快適だったので割愛。

そして夜…
名古屋から乗車したのがロイヤル
ホリデー社の4列ゆったりタイプ。

一見して思ったのは。

ゆったりじゃない!(゚Д゚)クワッ

往路のO社ゆったりバスに比べて
明らかに狭かった。



さらに、乗車前に
飲物を買いそびれてしまったのだが…。

着席
あ!シート前にお茶缶が入っている!揺れるハート
そうだ!このバスはお茶付きだったんだ。
助かった〜。わーい(嬉しい顔)あとで飲もうっと。

数分後
ぐっちの目の前に首をかしげる女性現わる。

実は
席を1個ずれて座っていた。
座席番号が無く、前or後ろから何番目と数えて間違えた)

正しい席に着席
ヤレヤレ、お茶飲もうっと。(シート前をゴソゴソ)

… 

10011303.jpg


ぎゃおー!(吠) 私だけお茶が無いー!

おのれ〜!このシチュエーションでこの仕打ち!
覚えてらっしゃい!
(゚Д゚)クワッ (゚Д゚)クワッ (゚Д゚)クワッ

この会社は、予約サイトで「私だけお茶が無かった」
というクチコミがあったので、
「さぞや気分が悪かったろう」と同情したのだが、
まさか自分がそんな目に遭うとはっ!

…という、個人的怨恨の他には〜

●消灯後のカーテンの光もれが凄かった。
往路の他社バスは遮光カーテンだったことに初めて気づく。
深夜の休憩にも集合時間を
マイクでアナウンス。
(往路バスは視覚で確認するシステムだった)
●男性は膝が前の座席に付いている人が
多くて気の毒だった。
トイレ付きだったが、
「緊急時以外は使わないで」と案内が。
そうなんだ〜とビックリ。

など、往路に比べるとツッコミどころが多かったが…
無事に到着できて今こうしてブログで
報告できているのだから、それが何よりなのだ!安全第一!

それに、復路も往路同様、マナーの悪い人はおらず、
車内は静かだった。
やっぱり…世の中にはマナーの良い、
ちゃんとした人の方が多数派なのではなかろうか。

ときどき、そうでない人ばかりに
立て続けに遭遇すると、世も末だ、と嘆いたりするけど、
やっぱりそうじゃないのかもしれない。
それがわかっただけでも
夜間高速バスに乗ってよかった。。。

ということにしておこう〜。もうやだ〜(悲しい顔)
追記
posted by ぐっち at 22:48 | Comment(7) | さだまさし旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夜間高速バス初体験(往路)

今回の移動には、夜間高速バス🚌を
初めて利用した。

現時点で、高速バスには3列4列タイプがある。
今回、利用したのは4列の方である。
3列タイプは少し料金が高いものの、
人気があるので空席が無かったのだ。

4列のなかにも1列10席以下の「足元ゆったり」
それ以上の「スタンダード」がある。
いくらなんでもスタンダードはキツイだろう〜
と予想して、往復とも「ゆったり」の方にした。
ただし、バス会社は違う。

100113b.jpg
※↑3列の方は、最後尾だけ4列になっているタイプが多い。

💡豆知識
●乗務員は運転手と控え運転手。
●消灯後は運転席と乗客席の間にカーテンが引かれる。
●夜間は窓のカーテンを開けてはいけない。
車窓マニア(ぐっち)には苦行。
●トイレ付きタイプも、SAでのトイレ休憩はある。
●たいてい、前方から男性→カップル→女性の席順。
ひとりで乗車しても異性の隣席になることは無い。
(通路越しなら有り)
●大都市間ルートは、女性専用バス有り。
●女性のノーメイク乗車率高し。
●同じ便なのに、予約サイトによって値段が違う場合有り!
(↓一番安かった楽天で予約した)




往路のオリオンツアーバスは、
ほぼ満席にもかかわらず、思ったより快適だった。
確かに足元はゆったりしていたし。
友人同士で乗車している人が多かったが、
私語もほとんど聞こえず、静か過ぎて困ったほどである。

10011301.jpg



ただひとつ、
工エエェェ(´д`)ェェエエ工と思ったことが。



10011302.jpg

夜の9時というと、個人的には
絶好調!な時間である。
他の乗客(若者率高し)も同じだったようで、
午前2時のトイレ休憩までは、
目が爛々と光っている人が多かった。

ちゃんと眠ったのは…午前4時の休憩から
午前6時(最後)の休憩間だけだったような気がする。

しかし、8時に到着した後は全く眠気を感じずに、
これでもか!と浅草界隈を歩きまくり
これまた一睡もせず、国技館に臨んだわけなので、
後期アラフォーの体力もまだまだ
捨てたもんじゃない
ことが証明された。

そして…
帰りのバスも楽勝かちら〜
なんて思ったのがちょっと甘かった。

posted by ぐっち at 17:56 | Comment(6) | さだまさし旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月09日

年の初めはさだまさし3☆完結

のつづきです。

いよいよ生放送が始まった。✨

sada0301.jpg

プロデューサーらしきエライ人も
補助的なスタッフ達も
笑うところでは客と一緒に微笑んでいて
(決してバラエティー的なわざとらしい笑いではナイ)
和やかな雰囲気である。

そして❗
カメラ1はさださんの正面に固定されているが

カメラ2の方は、常に客席にあった。

客の顔を「抜く」数分前から
ずっと構えているなんて知らなかった。

sada0302.jpg

というわけで、
映らないほうがおかしい。


sada03phote.jpg

さださんをはじめ、皆さんは
普段テレビで見ている印象と、
そう変わらなかった。

ゲストであるコロッケの顔の大きさも
スイーツを食べる芝田山親方(元大乃国)のお姿も。

sada0303.jpg

ただ、さださんは想像していたよりも
奥行きがあったように思える。
(意見には個人差があります)

ひとり、印象がくつがえされたのが
着物姿の小野文惠アナウンサー。
何で今まで気がつかなかったのかと不思議なほど、
実物は小顔で綺麗だった。

そんなこんなで…

あっという間の2時間で番組は終了した。
(本番の記事、短っ!)

その後引き続き30分間のラジオの生収録があり、
締めに「青の季節」を歌ったあと
さださんが惜しまれながら退場
した。

そして
ファンの熱烈なアンコール拍手のなか
客の退場アナウンスが途中で止まり、
さださんが再登場した。

アンコール曲は「最期の夢」という歌。
四方八方に向きを変えながら
熱唱してくれた。


ときどき
ステージに近いので
スポットライトが顔にあたる。
目もあけていられないほどの眩しさである。

sada0304.jpg

その眩しい光を一身に浴びて、
何十年もの間、自分の才能で生きてきた人が
いま、目の前にいる…
ステージ上のさださんを
改めてまじまじと見つめた。

sada0305.jpg

さださんが退場すると、ファン達もお約束のように
もう二度とアンコールの拍手をすることはなかった。

ああ、これで本当に終わりか、と
にわかファンのぐっちも悟ったのであった。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆


元旦の朝3時過ぎ
会場をあとにしたぐっち。
退場規制で最初に会場から出されたため、
周りに人影もまばらである。

会場近くを寂しく歩いていると…

sada0306.jpg

人影が。
sada0307.jpg


sada0308.jpg

道案内の若いスタッフ
寒いなか、ひとりで暗い夜道に立っていた。

ステージの上の人から
末端のスタッフまで

ありがとう。
おかげさまで
とても思い出に残る
2010年・年初めでした。
posted by ぐっち at 22:16 | Comment(12) | さだまさし旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年の初めはさだまさし2☆席ありました

のつづきです。

扉越しのカウントダウン💧から数分後、
コンサートが終わり、扉が開かれた。

その日21時からコンサートを楽しんだ客も、
希望者は引き続き番組観覧できることになっていた。
もちろん帰る客はほとんどおらず、
番組開始までつかの間の「休憩モード」であった。

招待客もここでようやく、
席に案内されることになった。

そしてぐっちは生まれて初めて
国技館の会場というものを目にしたのであった。

sada0201.jpg

客の顔がひとりひとり見えるぅぅぅ!
ほんまもんの劇場ってこうなのかしら?
(劇場じゃなくて相撲取る所ですけど)
先にパリのオペラ座だとか見てなくて良かったワ!
(たぶん一生行けませんけど)
感激もひとしおじゃないのぉぉぉ!

…などと、一瞬にしてテンションが上がった。



出入口は1階の最上段にあるので、
1列になって階段を降りていった。

sada0202a.jpg


降りて
sada0202b.jpg


降りて
sada0202c.jpg

…どこまで行くのかちら?




そしてついに全貌が明らかに


sada0203.jpg


なんと、招待客席は、コンサート最前列の
席の前に作った「チョー最前列」の席だった。

いきなりのVIP待遇✨である。
補助席じゃなかったのね。
さっきの出来事は、鉄砲水に流してしまえっ!(゚Д゚)クワッ


というわけで、チョー最前列に着席した。

sada0204.jpg

招待客のすぐ後ろの客は…
最前列の席を取るくらいだから、さださんの
超超超ファン
であることは想像に難くない。

実際、キラキラフサフサ💓の付いた
手作りウチワをおそろいで持参していた。
ファン同士、顔見知りが多いようである。
わずかな休憩時間の間に、さださんファンの
歴史と濃さ
を思い知らされたのであった。

そういえば、さださんって、
ぐっちが5歳のときにデビューしたのよねぇ…。

にわかファン、しかもさださんファンというよりは
番組ファンのぐっちが、
その人達の前に座らせてもらうということだけでも、緊張である。

「当選」の重みが、ようやく実感できた。(選挙かっ!)

そして!
24時25分、番組が開始した。

3へつづく
posted by ぐっち at 02:08 | Comment(6) | さだまさし旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月07日

年の初めはさだまさし1☆カウントダウン

2009年12月31日23時30分、
ぐっちは両国国技館にいた。
NHKの生番組「年の初めはさだまさし」
(31日24時25分〜26時30分)
の観覧に当選したから〜!✨である。

sada0100.JPG


例年はNHKスタジオからの放送であるが、
今回は両国国技館での
さださんのコンサート終了後、
引き続き番組が始まる。


当初、「今回はキャパが大きいから当選したのね」
と思っていた。しかしそうではなかった。
コンサート参加組からの5、6人を含む
29人だけだった。
スタジオ観覧と変わらない人数である。

ロビーで受付を終えたあと、番組担当者に
「12時ごろ、またこの辺りに集合して下さいね、
お席に案内しますから」に言われた。

館内をブラブラしていると、コンサート関係者が
無線だか携帯だかでこう話しているのが耳に入った。

sada0101.jpg

せせせ、席がない?

さっきの出来事が頭をよぎる。
番組制作会社の担当者が集合時間にちょっと
遅れて現れるまで、「招待客」は外で待っていた。
コンサートスタッフは、番組中継とは
管轄が違うようで
客を勝手に入場させるわけにもいかず、
対応に困っているようだった。

sada0102.jpg

まあ、「タダ」だし、こんなものかしら…。

さらに…補助席?に座る自分の姿を想像し、
テンションが下がるぐっちなのであった。


そして24時ちょっと前、再度集合して
担当者による再確認があった。

そのとき…コンサート会場の扉の向こうから
聞こえてきたのは…

10、9、8、…

それはもしや…💦

sada0103.jpg

扉越しのカウントダウンである。

こんな形で迎えようとは、ちょっと
想像してなかったわん!
そんなこんなで、無口になっていく
招待客の皆さんなのであった。

そして数分後、コンサートが終了したので、
ようやく席に案内されることになった。

しかし…二段階で下がったぐっちの
テンションは、低空飛行を続けていた。

2へつづく
posted by ぐっち at 22:53 | Comment(7) | さだまさし旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする